スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
約20年ぶりの福岡
201505_munakata.jpg


福岡県宗像市にある、八神郡の一つ、宗像大社に行ってきました

(※神郡(しんぐん/かみのこおり)は、日本の律令制下において一郡全体が特定の神社の所領・神域として定められた郡。社領(神領)の一種で、郡からの収入はその神社の修理・祭祀費用に充てられた。(中略)
『令集解』によると、養老7年(723年)11月16日時点で神郡として次の8郡が見え、「八神郡」と総称されている。 Wikipediaより)


この八神郡とは現社名では伊勢神宮、安房神社、熊野大社・出雲大社、鹿島神宮、香取神宮、日前神宮・國懸神宮、そして宗像大社なんだそうです。


去年お誘いをいただくも、行けなかった宗像大社に別の用事がてら、こんなに早く訪れる事が出来て嬉しい限りでしたが、
やはり神聖な気持ちになれて、行けて良かったと思いました。

宗像大社は、沖津宮・中津宮・辺津宮の三宮からなりますが、沖津宮は沖ノ島にあって、年一回、200名程の
男性しか訪れる事が出来ないご神体でもありますので、こちら写真の辺津宮とフェリーで20分程の大島にある中津宮に
行ってきました。



201505_munakata2.jpg


辺津宮の奥にある、宗像三女神の降臨地と伝えられている高宮祭場。
スマホのレンズが曇っていたおかげで、ちょっと良い写真が撮れました


201505_munakata3.jpg


中津宮。正面の海では、小さなとらふぐの群れが泳いでおりました。


201505_munakata4.jpg


大島にある夢の小夜島。

色々なことに感謝した、小旅行でございました
スポンサーサイト
[2015/05/30 13:14] | スポット |
伝える
20150525.jpg


60代後半~70代男性、50代~60代位の女性。

ミディアムシップの時に、このお二人が視えたら、
私はこれくらいの年齢幅で伝えるだろうな。
[2015/05/25 21:43] | ミディアムシップ |
インスピレーショナルスピーチ

アウェアネスクラスに通っている方ならご存知のインスピレーショナルスピーチ。
私がアイイスに通い始めたころ、実はこの実習が苦手で、講師の方が「じゃ、インスピレーショナルスピーチやろうか」なんて言うと、よくテンションが下がっていました

なにせ、初めや終わりのお祈りをあてられるのも苦手

クラスメイトのスピーチは、心に沁みるインスピレーションを受け取っている方が多く、聞くのは楽しかったのですが、自分となると、ひたすら“文脈がおかしかったらどうしよう”とか余計な事を考えまくって緊張しまくりでした(←自分を良く見せたいエゴの塊)

そんな私の気持ちとは裏腹に、当時ミディアムの方に視ていただくと、
“インスピレーショナルスピーチが向いてるから勉強した方がいい” なんぞのアドバイスをいただき・・・

ウソウソ!ありえませ~ん!苦手です~!
と思いながら、時間だけが過ぎて行きました。

とはいえ、インスピレーショナルスピーチはミディアムシップを勉強するにあたって、とても効果的な学習法です

さてさて、そんな苦手な実習だったのですが、上級クラスに上がり、デモンストレーションの実習が始まる中、

“いいや。抵抗するのはやめよう。視えたものをそのまま言う事に徹しよう”といった心構えが育ちはじめ、
いつしか苦手意識が無くなり、今では好きな実習の一つとなりました。


前置きが長くなってしまったのですが、ブログネタを探していて、
たまにインスピレーショナルスピーチを書いてみよう♪なんて思った次第であります


人は変化するもの。
成長するもの。
苦手が苦手じゃなくなる日が来ること。
苦手は自分の思考が作り出しているもの。


生活の中で色々気付き、成長していきましょうっ




0516.jpg



“無邪気さ”
私たち魂の存在は、純粋な光の存在です。
この光は私たちの根源から、源から届くエネルギー、
私たちがこの光として生まれたエネルギーをそのまま表現しています。

私たちが肉体に宿ってこの世に生まれたことにより、さまざまな制約を覚えて行くようになります。
もちろん、物質的によって動く、制約などもありますが、
人種であったり、性別であったり、
場所であったり、
お金があるとか無いとか、
学があるとか無いとか、
興味があるとか無いとか、
全ての制約のはざまに立って、
段々自分自身に、蓋をかぶせるようになっていきます。

そして私たちが、この、
“あるべき姿”
そういった制約の中で、
どんどんと、自分の魂、
魂の本質であることを、
本質の喜びであることを、
自分の意識から、遠のけていってしまいます。

この“無邪気さ”は、私たちの純粋である魂の光に通じるのに役にたちます。

その魂の光をそのまま表現する。
それが、“無邪気さ”でもあります。

“こうあるべきである”とか、そういった制約を取り除いて、
どうか自分を表現することを、恐れないでください。

それがあなたがこの世に生まれた目的を思い出すきっかけにもなり、
また、魂の向上につながるきっかけでもあり、
あなたが本来楽しむために、
光であるあなた自身、元の根源を輝かせるために、
最良の心、意識、認識、輝きを
届けてくれるきっかけでもあります。

“無邪気”というのは時に人を、
他人をイライラさせることがあるかもしれませんが、
あなた自身が輝く事に、なんの問題もありません。

人に迷惑をかける。
そういった事ではありません。

“無邪気さ”というのは、あなた自身の魂を思い出して、
あなた自身が喜び、ハートで感じ、
意識と言うしがらみや制約から解放される術である事を
思い出して下さい。

[2015/05/16 12:28] | アイイス |
やわらかい雰囲気
明治神宮


美容室帰りに明治神宮に行ってきました

こちらはいつ行っても、やわらかくて心が楽しくなっていくような、
そんな雰囲気に包まれていて大好きな場所です

こんなにまったりと、穏やかな休日を過ごしているのですが、同じ地球の上では色々な事が起こっております。
その中には起こらなくていいはずの出来事がどれほどあるんだろう。。。

そして10年後は、どんな世の中で生活しているのかなー。

・・・と、美容師さんとお話しながら、明治神宮を歩きながら、
色々考えるのでありました。。


日常生活の中では、目の前の出来事に意識が大きく向いてしまって、
こういった思考がすぐに隠れてしまうのですが、
思い出すたびに、ちゃんと感謝しよう。謙虚になろう。

何度も忘れてしまうから、何度も繰り返しちゃうけど、何度も思い出して何度も感謝しよう。

自然の中で生かさせていただいている事。
生まれてこれた事。
便利な環境に囲まれて、日常生活を送らせていただけている事。

あの人があーだとかこーだとか、
すぐに意識がそっちに向いちゃうのだけれど、
その前に感謝すること、あたり前である事の喜ばしさを、
何度も思い出して何度も感謝しよう。謙虚の心を思い出そう。

何度もやらかしてしまうけど、何度も思い出して、何度も反省して、何度も感謝しよう
[2015/05/05 21:28] | スポット |
| ホーム |
ほわほわ。


アイイスでの事をメインとしたブログに変更しました。

プロフィール

池宮加笑

Author:池宮加笑
国際スピリチュアリズム協会(アイイス)講師ブログです。

最新記事

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。